漢字検定2級受験

更新日:10月27日

小学1年生の息子に漢字検定10級に挑戦してもらうにあたり、両親も同時に漢検2級を受験することにしました。息子にとっては受けてみるというところの試みとしての受験です。あわよくば親は検定を合格し、息子に対してお手本を見せるという下心もありました。漢字検定申し込みの際、深く考えずに息子は小1修了程度レベルの10級、親は高校修了程度レベルの2級を選びました。



9月に10日ほど一時帰国をした夫に漢検2級のドリルと息子のための10級のドリルを日本から購入して帰ってきてもらったのですが、2級のドリルを開いてびっくり、知ってる四字熟語はほとんどない。書きはもちろんのこと読みについてもかなり自分の程度が低いことがわかりました。これはやばい。ドリルやってもない、開いただけでこんな状態。


とりあえず時間を見つけては少しづつドリルやアプリで自習をしてはみましたが手応えなし!四字熟語覚えるのが本当に大変すぎ。そもそも四字熟語として全然覚えられない。しかもそれを漢字で書けなければいけないというハードルの高さ。

四字熟語って「心機一転」とか「電光石火」とかじゃねーんかい。(いずれも漢検5級程度)克己復礼」とか「春愁秋思」とか見たことも聞いたこともないし、普通に読めんし・・。運良く「群雄割拠」がでたとて、書けるのか・・・?たのむ!「酒池肉林」出てくれ!と願ったところでそんなに現実は甘くなかったです。(いずれも2級該当の四字熟語です)ちなみに2級の対象四字熟語は400くらいある。


まーとにかく、1年生が半分終わったあたり、日本語補習校で漢字をやっと学習し始めた10級受験者(息子)、ほぼ勉強なし、数回模擬ドリルを合格ラインでパスした(なんでや)2級受験者(夫)、少しづつ勉強しつつ模擬ドリルを何度やっても合格ラインに至ることは一切なかった2級受験者の私で、本日漢検を受験してきました。


 

マジで四字熟語に関してはほぼ全滅、壊滅状態でした。(予定通り)

でもなんかすんごいしょうも無い漢字さえも普通にわからなかったです「充血」とか「催眠」。。マジでしょうもな。。「謄本」に至っては考えすぎて余白に新漢字を次々と生み出す始末。もちろん正解の「謄」の字には辿り着けず行き倒れました。おそらく私の合格は100%無いでしょうが、夫は「何気に受かったかも」、息子も謎の自信満々。全員落ちるつもりでいたけど、ひょっとして落ちるの私だけか・・・?

今後も漢字の勉強、2級受験(多分落ちたから)は続けようと思います。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示