日帰り胆嚢摘出手術から2ヶ月経ちました

10月11日に日帰りで胆嚢摘出手術を受けてから12月で2ヶ月経ちました。

この2ヶ月の間に、日本では元棋士のひふみんこと加藤一二三氏が胆嚢炎で手術を受けてますねw 食生活の乱れが胆石を招く・・・。まあ納得です。

仲間。

ありふれた簡単な手術ということで、言うまでもなく術後の経過は良好で、今の所特に何の問題もありません。今回初めて全身麻酔の手術というものを受けましたが、手術中の記憶も意識ももちろんなく、私の場合術後の傷の痛みもなかったので、2ヶ月経って手術の記憶ははるか遠い記憶という感じです。

術後数日のことは前回のエントリにありますが、その後、胆嚢があったであろうみぞおち付近が数週間シクシクと痛んでいました。「胆嚢も胆石ももうないのに、胆石発作っぽい痛みが出てるな〜」という感じ。胆石発作はその後徐々に痛みが増していきますが、手術後はシクシク痛んで終わり。痛みも数時間で長くは続きません。1ヶ月後くらいにはそういう症状も全くなくなった気がします。下痢等の症状も私は出ませんでした。

費用は保険で諸々引かれて800~900ドルくらいだったそうです。
手術のあと、1週間とか10日くらいでスルスルと5kgほど痩せました。今は徐々に戻って来ていますが、胆嚢の手術を受けた後一年ほどで10Kgほど痩せるというのはよく聞く話です。

0 コメント:

Post a Comment