PART 21【41歳の私がアメリカで子供を産む】いよいよ赤ちゃんを迎えるための買い物を盛大に

妊娠8ヶ月(12月18日、31週と3日)。予定日2016年2月16日( 2月11日から修正)。男の子。

12月の初めに赤ちゃんのためにベビーベッドやら大きい買い物をしたところですが、ダンナも昨日から休暇に入ったこともあり、細かい買い物を開始することにしました。ついにここまで来たかって感じ。

アウトレットのベビー服のお店でベビー服を購入
これはテンション上がるよね〜。赤ちゃんが着てる代表服。上から下までファスナーのカバーオールです。足もスッポリの。かわええ。ほとんどダンナに選んでもらいました。冬生まれの赤ちゃんですから、足が出てるバージョンはないです。あれもかわいいよね。

ベビザラスでほぼ全ての赤ちゃん用品を購入
赤ちゃん肌着、バス、ボディケア用品、哺乳瓶、オムツ周り、その他爪切り、おしゃぶりなどの細かいもの。
ベビザラスでは400ドルほど使ったんだけど、レジではおばちゃんに「ギフトレジストリしてる?」「今からでもいいからしたほうがいい」「自分で買っても割引になるから」と色々と教えてもらいました。これはつまり、アメリカでは基本的にこう言った赤ちゃんの細かいものっていうのはギフトリストから友人が贈り物としてベビーシャワーでもらえるものだから、こんなにたくさん自分で買う人はいないのよってことなんだろうと思う。「アメリカに両親とか親戚とか家族はいないの?」とも言っていた。どこか気の毒そうにw やっぱり結構珍しいのかな〜。

とにかく、色々買ってホッとしたしスッキリした〜
そしてとっても楽しかった〜

今後は今回購入を見送ったものを中心に調べて買っていく予定。
私のためのもの。例えば授乳用のブラとか服とか、おっぱいのケア用品、赤ちゃんのためのタオルガーゼタオルとか、あとはベビーバス検討中。粉ミルクはリサーチ不足で買えなかったので調べる。もう少し買い物に時間がかかりそう。赤ちゃんの病気辞典みたいな本も欲しいなあ。

0 コメント:

Post a Comment