PART 18【41歳の私がアメリカで子供を産む】赤ちゃんのための大きめの買い物

妊娠8ヶ月(12月3日、29週と2日)。予定日2016年2月16日( 2月11日から修正)。男の子。 6月に妊娠がわかってからこれまで、とにかく我慢に我慢を重ねてきたことの一つに「買い物」があります。

制限の多い妊婦生活を考えると、赤ちゃんの服を買うとか、ベビーグッズを買うとか、ベビールームを整えるとか、そういうことがモチベーションの維持になるというか心の支えになるような気がしてて、デパートとかスーパーに行くたびにこれ欲しい、あれ欲しい、オンラインで調べ物をしてはこれかわいいとかばっかりで、実際は何も買わないんだけど、そういう欲望が募ってはストレスとなっていました。
これまで何も買わなかったのにはもちろん理由があります。まずアメリカには年末にThanksgivingというアメリカ人にとってとても大切なクリスマスに匹敵する大きなイベントがあり、その後クリスマスに向けてアメリカ人が一番散財をするホリデーセールの時期が到来。2月生まれの我が子の、赤ちゃん用品の買い物はその時期にするのが一番効率が良いということに。(以前はこんな風に過ごしたよ)

まああとは、妊娠初期では、もちろん赤ちゃんが順調に育つかどうかはわからないということもあったし、生まれ月が2月とガッツリ冬の赤ちゃんを夏の季節に買い物しても意味ないので買い物はもう少し先っていうのは考えてみれば当然のことですね。

そんなこんなで自分を納得させ続けてきましたけど、季節が秋、9月〜10月くらいになると、体調も良くなって、前向きな気持ちが物欲に変換され、早く何か買いたい!と自分を我慢させることも難しくなってきて、気だけが早るという状況に。

ただしダンナはいつも冷静で、とにかく買い物は12月になってからと、私に呪文のように言い聞かせるもんだから、7ヶ月目、8ヶ月目の体調が不安定な時期の私は11月も終わりに近づいてくると考え疲れも相まってすっかり「買い物面倒くさい」モードに突入してしまいました。でもそれが逆に良かったのか、気持ちはもう「服とかどうでもいいわ、その辺のスーパーででもいつでも買えるし無駄に色々買ってもしょうがないし」という私らしからぬ自制の境地。加えてダンナの「まずは大物から揃えるべし」、という赤ちゃんショッピング師範の格言により、12月に入って我が家に届いたのは、
・Gracoのバウンサー付きベビーヤード(リビング用の赤ちゃん寝かせ場所って感じ)
・同じくGracoのチャイルドシートandストローラー(車に乗るときはチャイルドシートとして使えてそのままベビーカーに乗り換え可能なカゴ)
・毎日チェックして在庫確認後速攻ゲットしたIKEAのベビーベッドと
・お揃いのブランドの家具
というこの大物4点。

Gracoのベビーヤードとチャイルドシートはセールの恩恵でかなり安く手に入った模様。ベビーベッドや家具はいつでもお安いIKEA様。ベビーベッドってベビーベッド屋で買うとだいたい普通に500ドル〜って感じです。なのでここまではかなり順調です。

細かいものの購入は12月の半ば以降(ダンナが休暇にはいる)ということになっているんだけど、大物が揃えば、それに収納するそれぞれのものを買えばいいよねってことで考えもだいぶまとまってきました。加えて病院で受けるペアレンツクラスの受講でさらに必要なものをまとめて、リストアップする予定。はぁ〜

0 コメント:

Post a Comment