PART 12【41歳の私がアメリカで子供を産む】飲んでもいい薬

妊娠6ヶ月(10月26日、23週と6日)。予定日2016年2月16日( 2月11日から修正)。男の子。明日から7ヶ月に入ります。

もうすぐ7ヶ月、気分もとても良いです。6ヶ月目の間は一週間に10キロのウォーキングを目標に、幸い天気にも恵まれて、その目標を達成してきました。そのおかげか恐れていたむくみも出ることなくなんとかやってます。
やっぱり無理しない、我慢しないっていうのがいいのかも。これで東京で仕事してたらと思うと、・・・思うだけで疲れる。そもそも妊娠してなそうだけど。

とはいうものの、月に一回くらいの割合で経験したことのないような強烈な頭痛に見舞われることがあります。妊娠してからごくたまに感じるこの強烈な頭痛。妊娠の症状の一つなんでしょうけど主に後頭部から痛みがきて、最終的には奥歯や鼻の周りに痛みが広がり、顔面全体に痛みが広がります。私も長らく偏頭痛持ちの持病を抱えてきたので昔はストレスがたまると閃輝暗点を伴うかなり強烈な痛みを伴う頭痛を経験してきました。偏頭痛の痛みに少し近いかもしれません。妊娠中、痛み止めとして飲むことを許されているのが市販されているTylenolタイレノール。大概の頭の痛みは我慢しますが、あまりに強烈な痛みの時、どうしても出かけないとならない場合などに仕方がなく飲んでいます。(ドクターには痛みがあれば我慢しなくて大丈夫だから、飲みなさいと言われてます。)
先日、5回目の検診の前日の夜にこの強烈頭痛が来て、タイレノールを飲み、肩や首回りを温めて寝たんですが、翌日検査の日も体調が戻らず(頭痛は治まってた)、病院で冷や汗をかいて貧血を起こして横になるという不調を経験しました。妊娠してからつわり以外でここまで具合が悪くなったのは初めてでした。ダンナは頭痛に関してかなり心配になったらしく、神経科の医師の予約を入れ、その日は産婦人科からVicodinバイコジンの薬を処方されました。バイコジン!マイケルジャクソンやエミネムも中毒になったあの薬ですよ。処方されたけど正直飲む気はありません・・・。ドクター曰く、毎日バイコジンを8錠飲んでいた妊婦さんがいたけど、無事出産して、それ以降しばらくは赤ちゃんの経過観察が続いているということでした。いやーこの頭痛が毎日のようにあれば相当辛いけど、まあ月1回くらいだし我慢しますわ。

さて、妊娠前からの私の体の大きな悩み、それは便秘。スポーツや食事でだいぶ改善はしてきていたんだけど、妊娠とともに振り出しに戻りました。妊婦はただでさえ便秘になりがちです。妊娠中、便秘薬として飲むことを許されているのが市販されているColaceコレース。うんちを柔らかくす作用があります。毎日飲んでねってことだったので毎日飲んでますけど、あまり効きません。これプラス食物繊維のサプリとか飲んでます。

胃薬も市販薬で飲めるものがありますが、今の所あまりお世話になってません。元々胃が強いというか胃痛に強いというか、胃痛が気になったことがあまりありません。(これが便秘の原因か?w)

できればこういった薬にはなるべくお世話になりたくないものですね。

0 コメント:

Post a Comment