PART 16【41歳の私がアメリカで子供を産む】妊娠糖尿病検査 - 結果

妊娠7ヶ月(11月18日、27週と1日)。予定日2016年2月16日( 2月11日から修正)。男の子。

先日検査した妊娠糖尿病検査の結果が届きました。結果はすべて異常なしでした。めちゃくちゃホッとしたぜ。かなり警戒していたのでこれは本当に嬉しい。

ちなみに貧血と感染症の検査結果も来ていたのでその結果も受け取ったんだけど・・・
どちらも異常なしでした。

検査値の一覧を確認すると、2項目の数値が平均より下回っていました。赤血球数(RBC)とヘマトクリット値(HCT)です。
それぞれ、RBC平均値3.80-5.20に対して3.57(M/uL)、HCT平均値35.0-46.0に対して34.7(%)とほんの少しです。どちらも平均値を下回る場合は貧血を疑われるようです。
妊娠中なので、血液は大量に赤ちゃんに使われているはずなので、特に問題はなさそうです。
また、最近度々起こっている不調も貧血によるものかもしれないです。

とにかく、私的には妊娠糖尿病の検査がこの妊娠中期の山場だと思っていたので、とってもホッとした。
次回の診察からどうやら診察が3週に1回に増えるみたい。(ただし今の時期ThanksgivingやChristmasのホリデーシーズンに重なるのでちょっとイレギュラー)週明け、来週の月曜日は6回目の検診、神経科のMRI撮影、あとはインフルエンザの予防接種と4種混合の予防接種があるので、月曜が終わったら本当に妊娠中期がひと段落し、火曜日から妊娠後期、8ヶ月に入ります。あと少し!

0 コメント:

Post a Comment