郵便(USPS)や配送(UPS)について。

先日日本にたくさん手紙を出しました。
調布仙川のよく行っていたお好み焼き屋さんのママや、これまたよく行っていたイタリアンレストラン、北海道の両親、幼なじみの子供達、仕事関係でお世話になった方。
こちらの郵便局USPSから出して、ちょうど一週間ほどで「手紙届いたよ〜」っていう連絡が入りました。が、幼なじみの子供達、上の子からメールで「妹も手紙ほしがってた〜」との連絡が。同じ住所に一緒に出したのに一個紛失してやんの。USPSがなくしたのか、日本の郵便局がなくしたのか、今となっては知る由もない・・・。(けどUSPSを疑ってるけどね。。)

こっちの配送関係は結構雑です。色々とありますけどUPSが一番走ってます。ピンポーンって来ても出るともう荷物を玄関先においていなくなってます・・・。あとはこれウチのじゃないよって事もありました。

両側ドア全開で無防備に走るUPSのトラック。

あとは日本でもお馴染みのFedExが有名な所です。
ネット販売とか安全性が疑われててAmazon以外はみんなあまり使いたがらないみたい。ウチのダンナサマーもさっそく車のアクセサリを購入して、待つ事1週間(長い!)届いたと思ったら「こ、これ品番が違うじゃん!」って発狂してました。
しかも「品番違うでしょ」ってメールしたら「開けちゃったら払い戻しできないよ」と言われ、「開けないと品番がわからんのじゃー」とさらにやっておりました。
送り返そうにもアメリカには"気楽な着払い"がない。とりあえずこっちで払っといて後でお金返すシステムだから厳密には"先払いの払い戻し"という形です。(Collect On Delivery)でもそれを勝手にすると、結局受け取り拒否されて、払い戻されないという憂き目に会いますので、あらかじめCODで送るから、ちゃんとお金払ってねっていう同意をとっておく必要があるみたいです。めんどくさい。

配達は東京で翌日には届くという生活が当たり前でしたが、アメリカは広い。だから気長に待つしかないのです。「あれいつ頼んだっけ〜」「10日くらい前?」「そろそろ届くかな〜」「だといいね〜」という感じです。

郵便についてはポストをあまり見かけませんので、郵便局へ行ったときに聞いてみた所、自宅のメールボックス(要するに郵便受け)に入れておけば回収します。とのことでした。マジで?

しかし手紙一個どこいっちゃったかな〜。幼なじみは私宛に10通出して、何通着くか実験したいって言ってた。

0 コメント:

Post a Comment