日本語の扱いについて。

アメリカでは一般的に日本語は理解されません。不動産などを案内されて見ているときに、日本語でぶつぶつと言っていると、「彼女は何て言っているの?」などと聞かれます。不快感というほどでもないイラ感を相手に与えます。普通に相手が何言ってるかわからなければイラっとしますから。

英語圏で誰も理解できない言葉で話す事が出来るって言うのは結構便利です。それは同時に危険な事でもありますけど。(ここにアジアから来た外国人がいるよーって目印にもなるから)

気をつけてはいるけど、大勢でいる時は日本人同士が日本語で話す事が失礼かもしれない時が多々あります。(大勢でいるから日本人は日本語で話す事が許される場合も多々ありますけどね)そう言う時は日本人同士でも英語で話をするように心がけます。
日本人は英語に自信がないし(バイリンガルでない限り喋れる人でも自信はないらしい)コミュニケーション能力が低い!笑顔も苦手、ジョークも苦手、我慢が得意、主張が苦手。だから会話にもどんどん置いて行かれる。そんでどうしても日本語に頼っちゃうんだけど、やっぱりそれは良くないんですよ。みんなでフワっと盛り上がってるときに誰も理解できない日本語で話してアハハとやるというのはとっても失礼です。わかんないのにハハハとやるのも失礼っちゃ失礼なんだけどね。

結局私の場合は英語が達者じゃないので、その狭間で何とかするしかないのです。今の所友達とか一人もいないのであまり機会はないけど、こちらのアメリカ人とコミュニケーションを取って、わからん、悔しい!そういう事をモチベーションにして英語を勉強してます。(してないけど)

0 コメント:

Post a Comment